南部梅林の観梅(みなべ町)

南部梅林

2月に入って温かくなってきましたね。和歌山では観梅の季節が到来っということでみなべ町の南部梅林にやってまいりました。昼間なら気温も15℃ほどまで上がり、ミツバチさんも働いてくれていました。

南部梅林

だいたい、4~5分咲きくらいでしょうか。山の上の方はまだまだかな。梅林の帰りに自分たちのnagomiファームの園地も見て帰ったんですが、8分咲きからほぼ満開に近いくらいでしたね。

スポンサーリンク

和歌山名物 もちまき

南部梅林

和歌山では集客ツールのひとつとして「もちまき」がおこなわれます。もちまき(もちなげ)とは、お餅やお菓子などを投げて、客が拾うというスタイル。和歌山県民はもちまきが大好きで、あらゆるイベントでもちまきがおこなわれています。

南部梅林

梅林までの道に、かたやまのいももちが販売されています。この日は祝日ということで、相当な列ができていました。梅林の時期しか販売されていないのですが、比較的空いている平日がおすすめです。

南部梅林のはこちら

岩代大梅林のはこちら

奥みなべ梅林 受領の里のはこちら

紀州石神 田辺梅林のはこちら

スポンサーリンク

※当サイト内の文章、画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は禁止させていただきます。

※当サイトは個人の見解を反映したものですので、内容は必ずしも正確でない可能性があります。何卒ご理解ください。

 

トップへ戻る